「自分は特別な存在だ」これ悪いこと?“特別な存在”だった僕が振り返ってみます。

イメトレをしている男性のイラスト



唯一無二の存在とは、僕のことを言うのだろう。

誰からも干渉を受けず、誰からも真似をされない。というよりは真似をできない、絶対的な存在……

この優れた存在に敵うものが、いったい世にどれほどいるというのだろうか



ぷっ

ぷははははは!




笑わせんな……

僕は大人になるまで、自分のことを特別な存在だって思ってたんだよね。
いつの間にかそんな稚拙な考えは抜け落ちていったんだけど。

きっと似たような経験をしている人もいるだろうから、“自分は特別な存在だ”と思っていたことについて振り返る記事にしようと思う。

それでは(*^▽^*)



特別な存在の僕

猿山の頂点に座るボス猿



頭の中ぱっぱらぱーだった僕のこれまでを書いていくよ。
これから先は“特別な存在な僕”として話を進めていくからね。気分を害したらごめんなさい。

「興味ねえよクソッタレ」

って思う人は飛ばしてね。
それじゃあ小学生時代から。



小学生

鼻水を垂らす子ども



僕は小学校1年生のころから卒業まで、地元の野球チームに所属していたんだ。
小学校のころから背の順は1番後ろで、少しだけ他の小学生よりも力が強かった僕。そんなもんだからレギュラーになるのも早かった。

『ぼくはプロ野球選手になるんだろうな』

ちょうどレギュラーになった3年生のころあたりから、こんなことを思うようになったんだ。



プロ野球選手になりたい!

じゃなくて

プロ野球選手になれる!

だからね。



監督やコーチからも一目置かれ、父母からの評判もイイ。もちろんチームメイトからの信頼も厚く、まさしく唯一無二。
きっとよそのチームからも僕は話題になっていて、下手したらスカウトが見に来るなんてこともあるかもしれない。

いや~困ったなぁ……(ドヤァァ)



しかし、そんな僕の魅力に気が付いているのは僕だけだった。



6年生になるときにチームの主将を決める投票があった。
投票者は卒業する先輩たちだ。

『当然、僕が主将になるだろう……だって僕に敵うヤツはいないし何より僕にはチームメイトの信頼がある』

分かり切った投票結果だが聞かないワケにもいかん。
一応結果を聞くこととしよう。






ゼ……ゼロ?



う、うそだ。なんかの間違いだろ?
僕がゼロなんてありえない!!
だっ……だめだコイツラ、正しい評価ができないんだ!



いや、待てよ?
あ、そうかそうか……そういうことか!



僕が上手いからってみんな……ひねくれるなよ。

しょうがないなぁ、今回は譲ってやるよ。
それにエースが主将だとは限らないからな(;´∀`)



中学生

遅刻しそうな中学生のイラスト



先生や友達のモノマネにハマった僕は、演劇というものに興味を持ち始めたんだ。なんだか楽しそうだし、僕に向いていると思った。
さっそく親に頼み込んで僕は劇団に入った。

劇団と言っても小さな劇団で、芸能事務所のように立派なものではない。
まずは劇団の中でスターになってやろうという僕の作戦だ。



いや~困るね。

まだ初めて数か月だというのに、

「君は台本を読むセンスがある」

だってさ。

稽古でもやたらセリフの長い役をやらされるしさ、脇役やってるあの人なんてもう何年も所属している人だぜ?

きっとこうやってスターの階段って昇っていくんだろうなぁ。



そしてある日、舞台の公演が決まったんだ。
配役は立候補ではなく先生からの推薦で決めるんだけど……ま、僕は当然セリフがある程度ある役になるんだろう。

なんせ僕は、
台本を読むセンスに長けた将来有望の新人……



主要キャラを演じるのはまず間違いないとして、いったいどの役になるのかだ。あぁワクワクするな。

さぁ早く台本を配ってくれぇ!






え……?
ちょちょ……先生台本作り間違えてないか?

なんで僕だけセリフがない役なんだ?



そう、僕の役名は<同級生A>だった。
こんなのおかしい……これはえこひいきだ。
そうだ、先生は僕のことが好きじゃないんだ。



いや、待てよ?
そうか……そういうことか!分かった分かった。

いきなり僕みたいな新人が主役なんかやったら、他のメンバーの反感を買いかねないもんな。

なるほど、この配役は先生なりの気遣いだったんだ。
それにセリフのない役の方がレベルも高いもんな(;´∀`)



高校生

バイトで怒られているイラスト



高校生になったら誰もがしたいと思うこと

そう、アルバイトだ。

学校生活が始まるとほぼ同時に、とあるスーパーのレジで働くことになった。
初めは研修時の時給で働いていたんだけど、始めて1か月で普通の時給に上がったんだ。

やっべぇ……やっぱりそうか……

『僕って仕事できるヤツなんだ』



そこからのバイトは、まぁ~楽しいこと。
レジを打つのは早いし、お客さんとだってすぐに顔見知りになった。
しまいには教育係になっちゃって、いつの間にか新人を指導する立場になっちゃってさ。

仕事ができて教えるのも上手い、お客さんからもアルバイト仲間からも社員からも信頼は厚い。

もしかしたら時給が跳ね上がるのも時間の問題かもしれない。



しばらく経ったころ、品出しのほうで欠員が出てレジ係から補充することになった。
レジはお店の花形、きっとレジで使えないヤツが品出しに回されるんだ。しかも品出しの方が時給が安い。

ま、信頼も厚いバイトのリーダー的な存在の僕には関係ない話だ。






「ちょっと、いいかな?」

お?店長直々なんの話だ?
あ、そうか。僕はリーダーだから誰が品出しに回るか教えてくれるんだ。
もしくは、とうとう時給が上がるのかもしれないな。

有能な人材は仕事が増えて大変だねぇ



「キミ、来月から青果の品出しね」



は?……え?
ちょっと待って……なにいってんのこの人?

僕は教育までやってるんだぞ?バイトのリーダーなんだぞ、そんな僕がなんで品出しなんかやらされるんだ!



いや、待てよ?
なるほど……そうか、そういうことか。

品出しはレジから人員を補充するほど人がいないんだ。
本当なら2人や3人欲しいくらいだ、それを僕ひとりで済まそうとしてるんじゃないか。

僕じゃなきゃ務まらないんだな。



しょうがないなあ。
レジも楽しかったけど、ここは品出しで我慢するか。
むしろ社員はレジに立たないし、こっちの方がデキるヤツ向けの仕事なんだろう。



大学生

就活ノイローゼになった人のイラスト



いよいよ就職活動が始まる。
僕が通う大学は通称“Fラン”の大学だ。
周りはこぞって不安だとか、嫌だとか、自信が無いことを口にする。

偏差値の低い大学だと大手企業の就職は難しい?

いやいや、そんなのその人次第だろ。
なんなら4年生になる前に就職を決めてやるよ。



僕が受けたのは銀行だ。
確かに、面接に来ているのは名の知れた大学のヤツらばっかりだ。
でも勉強ができるヤツに何ができるんだ?

事実、僕はFラン大学でも、書類選考や面接を経てこの最終面接まで残ってきたんだ。

僕こそが真の実力者だ。

『失礼します……(ドヤァァ)』






1週間後、1通のメールが来た。

あれ?今までは電話で合否が来ていたんだけどな。
おそるおそるメールを開封すると、

「かくかくしかじか……お祈り申し上げます」






は?……お祈りメールだと?僕は落ちたのか?
なんでだ……僕は大した学歴もないのにここまで這い上がってきたんだぞ!
ふざけんな!僕が落ちるなら誰が受かるっていうんだ!



ん?そうか……そういうことか……
分かった、分かったぞ!

最後にいたあの面接官。アイツは相当頭が固いんだろう。
学歴でしか物事の判断ができない可哀想なヤツなんだ。

そんなところ、こっちから願い下げだ。



なぜ特別な存在だと思ってしまうのか



書いててゲロ吐きそうなくらいキモかったわ。
なんだコイツ。

しかも自分に惚れている期間が長いわ。



いや~、でもね社会人になったからなのか、単純に年齢のせいなのか、いつの間にか考え方が改まったんだよね。

普通、いやむしろ劣ってんなって……(笑)




じゃあなんで、こんな思考になってしまうのか。
自分を特別な存在だと思ってしまう原因を探っていこう。



プライドがはちゃめちゃ高い

ランドマークタワー



中身が無いくせにプライドだけは一人前

こんな人が僕は苦手なんだけど……
さっきのエピソードは全部コレだよね(;´∀`)



プライドが高い人って自尊心が高いんだよね。
ゆえに自分の失敗なんて失敗じゃないんだよ。

「オレはこんなに優れているのに周りは気づいてくれない」

こんなことも平気で思ってしまう人が結構多くいるんだ。
ありのままの自分が受け入れられないから中身が無いままなのかも……



頭の中がバーチャル

ゲームにはまる人のイラスト



マンガとかゲームとか、映画とかかな。
主人公の特別な能力が、まるで自分にも宿っているんじゃないかと思ってしまっているパターンだ。

まぁ、誰しも自分の人生は自分が主人公であるワケだから……
マンガの主人公に感化されてもおかしくないのかもね。



「NARUTO」の主人公のナルトなんて、超カッコいいじゃん……
ただの落ちこぼれに実はとんでもない力が宿っているなんて。
結局ナルトは長年の夢だった火影になってるしね。



でもさ……

マンガはマンガなんだよね。

じゃないと世の中主人公だらけで大変なことになるからね( ;∀;)



圧倒的な経験不足

ボタン電池を手に取っている赤ちゃんのイラスト



僕の場合はコレがもっとも共感したよ。
若いころ、特に学生時代は社会経験が圧倒的に少ないんだ。

だから井の中の蛙になりやすい。

世の中に仕事ができる人なんていっぱいいるのに、バイトという狭い世界しか知らないから錯覚するんだ。

「あ……オレめっちゃ仕事できるわ」

なんて感じでね。



そういえば、学校で少しモテるヤツが

「モデルになろうかな」

なんて鼻を高くして言ってたなぁ。



特別な存在は悪いこと?

バツ印



さんざん「自分は特別な存在だ」と思うことに対して、悪い印象を書いてきたくせに申し訳ないんだけど……そもそもの疑問。




それって悪いことなのかな?




パッと探したところで、「自分を特別視しましょう!」なんてことが書かれている記事は見つからない。

ていうことはやっぱり悪いことなの?
凡人との違いを見てみよう。



特別な存在と凡人の違い

落とし穴に落ちる男



特別な存在から見た凡人はどのように映っているんだろうか。

少なくとも尊敬には値しない人物だ。
そして自分が凡人だとも認めないし、そもそもの自己評価が高いんだ。



比べて凡人はどうかな?

凡人は自己評価がさほど高くなく、自分が凡人だと認めている。
自分よりも優れた人はたくさんいるし自分ができることにも大体の予測がついている。良くも悪くも凡人だ。



そしてそんな両者の特徴を踏まえたうえで、特別な存在よりも凡人の方が得意なことを見つけた。



努力



自分の能力をわきまえている凡人にこそ、発揮される長所だ。
実際に僕も、凡人さをわきまえるようになってからは色々なことに焦りを少し感じるようになったんだよね。

「女の子にモテる方法」
検索履歴がこればっかりだったし(*^▽^*)
あ、別にもともとモテなかったんだけどね。


自己を過大評価した瞬間から、思考の硬直が始まる。

――野村克也――


偉人の言葉はタメになるね~。


ちっぽけなプライドこそ、その選手の成長を妨げる。

――野村克也――




「自分は特別な存在だ」 と思うことは、悪いことではない。

しかし、
特別な存在になりたいんだったら、1度凡人になるのが近道かもしれないね。



まとめ



しょうがないよね、自分のことしか分からないもんね。
うん、自分は特別な存在だって思っちゃうよね。
しかし野村克也さんの名言を見ると、自分の過大評価は成長を妨げる要因になってしまうんだって分かる。

成長したいならまず凡人になるべきだね(*^▽^*)




駄文を最後まで読んでくれてありがとう(*^▽^*)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする