楽しい時間はあっという間に過ぎる。このことから僕らは逃れられないんだ。

速い矢印のイラスト



数年前、四国旅行の帰りに飛行機の中で泣きそうになった。

「仕事行きたくねえ……」

なんで明日仕事なんだよ。前日まで旅行ってどういうことだよ。どんな旅行の計画たててんだよ……。



落差はんぱねぇよ!!

頭を抱えている人のイラスト





サービス業だった僕は奇跡的に四連休の確保に成功した。四連休はサービス業にとって、滅多に取れない長期休暇だ。

ただ、四連休もあったのに、四日間も休みがあったのに、体感時間は二日間が良いところだった。

休み前の五連勤は十連勤くらいに感じたのに。



楽しいことはあっという間に時間が過ぎる理由

体内時計のイラスト



分かってはいることだけど、楽しいことはあっという間に時間が過ぎる。

それはなぜか、結論から先に言う。

楽しいときは時間に意識を向けていないからだ!



学生時代、女子と電車で下校していたときは、十分ほどかかる数駅の区間があっという間だった。(ほんの数回しかなかったけd……泣)

限られた時間の中で精一杯女子にいいイメージを与えようと楽しい時間を過ごしていたからだ。



逆に、イヤな先輩と電車に乗っているときは、寝台列車に乗っているのかと思うくらい、長く長く感じた。

「早く駅に着かねぇかな(-_-メ)」

って常に車窓と車内アナウンスに意識を向けていたんだ。



「お前話きいてねぇだろ!」

「ヒエッッ……」バレたー(´゚д゚`)

見透かされて怒られることもあった。



だったら楽しいときにも時間をチェックすればいいんじゃないか?

時間が過ぎていることに気が付いて驚いている女性のイラスト



なんだ簡単じゃないか。

って思った人いるかい?

ハイ(^O^)/



これ、めっちゃ難しいぞ。

ぜひ成功したら教えてくれ!!

難しいというよりもほぼ不可能なんだ。

楽しいことをしているときに、時間に意識を向けてしまっては、

楽しいことにまず集中できない!

頭を抱える男性のイラスト


むしろ、時間に意識を向けすぎたばっかりに、楽しい時間はつまらない時間になってしまうんだ。

そして体感時間は長くなる。楽しい気持ちと引き換えにね。



どうやら、

つまらない時間=長い

楽しい時間=短い

これはもうセットのようなもので、離そうにも離れない決まりごとのようだ。



マックでも、ハンバーガーセットにフルーリーはつけられないでしょう?そういうことだ。

分かりにくいね……



つまらない時間を大量に欲しいのか?

ゴミ処理場のイラスト



楽しい時間が過ごせたのなら潔く、短い時間を受け入れる。

だってセットなんだもん。



時間が短くなることに抵抗はあるよな、モチロンそりゃぁ長いほうが良いもんな。分かる分かる。



でも、

つまらない時間が大量にあっても、欲しいと思うかな?

楽しい時間を過ごせているぶん幸せなんじゃないか。



僕は小さいころ、悪いことをしたときは決まって父親の部屋で正座をさせられた。このときは一分が経過するのもメチャクチャ長かった。

あれを体験するくらいなら、体感時間がいくら短くても楽しい時間のほうがマシだなあ(;´∀`)



まぁ何が言いたいかって……

時間が短く感じるほど楽しいなら幸せじゃん!!

ってこと。




楽しいつまらないは置いといて、意図的に1日を長くする方法もある。さくさく~っと読める記事になってるよ(*^▽^*)

学生時代、たった3年間が今よりも長く感じていたのはなぜだ?社会人になってからの時間の感じ方と、長い時を過ごす方法を解説するよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする