過去が美化されて今を苦しめる理由は、映像ばかりを追ってしまうから。

夏の思い出を思い浮かべている人のイラスト



街を歩いているときにふと目に入った光景、それは高校生どうしが自転車に二人乗りしている姿だった。

「はぁ、あんな楽しいころもあったな……」

と、ついついナイーブに(;´∀`)


いかんいかん。

流されてはダメだ、過去は美化されるんだ!

これは決まりごとのようなもんだ。

さて、過去が美化される理由を、“映像ばかり追ってしまう”という理由から紹介していこう。


過去を美化する大まかな理由

夕日に向かって叫ぶ人のイラスト



さてさて、

映像うんぬんの話にはいる前に。


まずは過去を美化する大まかな理由を説明していくね。

“過去は美化される”

と、決まって言われるこの言葉だけど、これは理にかなっている。

つまりしっかりとした理由があるんだ。


人は、楽と苦のどちらを求めるか?

それはモチロン、楽だ。

記憶においても、それは例外ではない。人は時間が経つにつれて、記憶の嫌な部分を削ぎ落していく。

そして結果的に、今と同じようにイヤなことがあったとしてもそれを忘れ、とてつもなく楽しかった出来事と認識してしまうんだ。


記憶による錯覚については、こっちの記事で詳しく解説しているよ。時間があるときに見てくれ(*^▽^*)

子供の頃は良かったとか、学生時代は楽しかったとか、それに引き換え今はつらいだとかつまらないだとか。決まり文句は「あの頃に戻りたいな~」…



“映像ばかり追ってしまう”とはどういうことか

映画館で映画を観る人たちのイラスト



記事の本題にうつるね。

回り道すんません。


たとえば、マンガやドラマなどで、学園モノの甘酸っぱい恋愛劇が繰り広げられていたとしよう。

面白かったのひと言で済む人もいるが、

急に学生に戻りたくなる人もいる。


歌うたいの物語なら歌を歌いたくなったり、野球部の物語なら野球がしたくなったり、ピアノの物語ならピアノを弾きたくなったり。

そんな経験はないだろうか?

僕はある。


それで実際にやってみるんだよ。

そしたらさ、別に普通なんだよ。

楽しいんだけどね……

普通に楽しいの。

なのに、映像で見たときは客観的なその姿に、過剰な期待をするんだよ。


これには、過去にも同じことが言える。

頭の中で若いころの自分、学生のころの自分を思い浮かべて懐かしむんだ。「あのころに戻りたいな……」とか。

で、そのときに頭の中で追っているのは、映像やひとつの光景なんだ。

そしてマンガやドラマのように、客観的にその姿を追って追って追いまくって、実際にあったこと以上の期待をするんだよ。


過去は客観的にその姿を追ってしまうからでこそ、さらに美化されるんだ。

仮にタイムスリップしたとしても、頭で描いていたイメージと現実では大きなギャップが生じるんじゃないかな。


“映像ばかり追ってしまう”ことの対策は



ふとひとり旅の写真を見ていたら、つらくなったことがある。

「このときは楽しかったな……」

なんて思ったな(;´∀`)

だからさ、

実際に行ってみた!

同じ場所に、同じようなプランで。


楽しかったよ。

ただ、楽しかった。

それだけだ。楽しかったけど、良い時間が過ごせたけど、頭の中で追っていたそのイメージとはまるで違った。

そして何年か経ってその写真を見たら、きっと同じように過去を思いっきり美化するんだろうと思った。


思い出は客観的なんだ。

思い出のなかで見える姿と現実は違うんだ。

だから対策は、

思い出と現実は違う

こうやって割り切ることが楽にさせてくれるよ。


過去ばかりじゃなく未来の話もしようよ(゚∀゚)歳をとってもイイことばっかりなんだぜ。

30からはおじさんだとか、若くないだとか、クソ真面目に誰かの言いつけを守んなくていい。歳とるって凄い幸せだからさ、先入観から抜けだしましょうや。



最後まで読んでくれてありがとう(*^▽^*)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする