自分に自信がない人でも、自信を持てる方法がある。欠点は欠点じゃない

スマホを片手に喜ぶ人



「僕ぜんぜん自信ないんすよ~(ドヤァァァ)」

なんていうムカつく謙遜は置いといて、



本当に自分に自信が無い人は、まず自分のどこに自信が無いのかを知る!

それだけで本記事の目的はだいたい達成する。

ということで、

  • 自信がないところをどうやって知るのか
  • それを知った先に、自信を持つため何をするのか


この2点を掘り下げていくよ。

最後まで見てってね(*^▽^*)



自信のない“欠点”を積極的に書き出す



それでは早速、自分の欠点を知る方法からお話していこう。

まず、どうやって自分の欠点を知るのか。それは表題の通りで、紙に書き出していくところから始まる。

座ってぼ~っと考えていても意外と出てこないんだよ。思いついたとしても何個目かで最初のほうは忘れちゃうしね。だから紙に書き出すんだ。



ここで気を付けて欲しいのが、「性格が悪い」とか「全体的に暗い」などといった曖昧な欠点にしないことだ。

  • 短気
  • 自己中心的


これらのように、欠点を具体的にしてこそ、その先が見えてくる。

さぁ、さっそく書き出していこうか。あ、1つや2つで満足しないでね、人の欠点はそんなもんじゃないよ。もう書けるだけ書いてくれ(*^▽^*)

ちなみに欠点の数が多ければ多いほど、後になって良い結果をもたらしてくれるよ。



勉強している男性のイラスト

 

勉強している男性のイラスト

 

勉強中に眠っている男性のイラスト





さ~て、何個書けたかな?

ちなみに僕は15個あった。

よし、そしたら次の段階だ。



その欠点を真逆に変換してみる

矢印のイラスト




いま紙に書き出したものを真逆に変換してみよう。

ちなみにここでいう真逆は、『ネガティブ』を『ポジティブ』といった感じでカンタンな解釈をして欲しい。




たとえば……

欠点

・ケチ

・短気

・無計画



いま書き出した欠点の例。

う~ん、こうやって見るとあまり付き合いたくない人かも。
だって、ケチで短気で無計画って……ちょっと疲れるな。



じゃあこれをポジティブに変換してみよう。

たとえば、

『ケチ』

女の子に言われると地味に傷つくこの言葉は、

『お金を大切に使ってる』

にもなる。



こんな感じで変換するんだ。思いつかないのならゆっくりでも良い。ただし、投げやりになって適当にやることだけは避けてほしい。それでは自分の欠点に向き合いきれないからだ。




じゃあ始めてみよう。



…………

…………

…………



書けたかな?

それでは、答え合わせ?の時間がきたので見てみよう



欠点→変換

・ケチ  → お金を大切に使う
・短気  → 感情表現が豊か

・無計画 → 行動力がある

どう見えるだろう。

お金を大切に使う感情表現が豊かで行動力のある人。

エネルギッシュだな、なんて印象すら僕は感じる。欠点もポジティブに書き出すだけで、その人間の持ち味、つまりは強みを覗くことができるんだ。



まとめ



ちょっとおさらい。

やることはかんたんだ。

  1. 神とペンを用意する
  2. 欠点を詳しくたくさん書き出す
  3. 書き出した欠点をポジティブに変換
  4. 変換した言葉を書き出していく
  5. 眺める(恍惚)


紙とペンが家にないなら大変かもしれないけど……

そうでなければ2~3分で終わるんだから、そう面倒くさがらずにやってみてくれい。意外な発見に出会えるかもよ( ;∀;)


紙に書き出してみる方法は頭の中を整理できるんだ。だから不安やモヤモヤした気持ちを解消するのにも効果的だよ。

書き出すことの何がいいのか、注意点とともに解説する。実際にやってみた結果……



最後まで読んでくれてありがとう(*^▽^*)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする