てっとり早い自分の長所の見つけ方。短所がスラスラ言える人は見てね。

イメトレをしている男性のイラスト



「長所はなんですか?」

いざ真面目に聞かれると回答に詰まるこの質問。

あらかじめ面接用に準備したファッション長所なら、スラスラと言えるんだけどね。実際の長所って意外と見えにくいモノだ。

だって少ないんだもん……(*^▽^*)



でも長所がない人間なんていないワケで……

そんな見えにくい自分の長所をてっとり早く知る方法を、てっとり早く紹介していくよ!!

なんならこの記事を見る時間よりも早いかも(*^▽^*)



短所を言ってみる

ケチなTシャツ



短所は言えるかな?

ケチくさいとか、気が短いとか、内面のことならなんでも。

短所がスラスラ出てきたなら、もうほぼ完了だ。

短所は見方を変えればぜんぶ長所なんだ!!



キレイごと抜かすなアホ(´゚д゚`)

いや、ほんとなんだよ。

実際にやってみよう、バリバリの長所になるぞ!!



長所の知り方~例~



たとえばだけど、

ケチ

なんとなくだけど、お金持ちってケチが多い印象。

友達を見渡してみてもひとりはいる、珍しくない短所のひとつだ。これはどう見れば長所になるのだろうか、書いてみよう。



ケチは言い換えると、

お金を大切に使う人

になるんだ。

いるよね、しっかりと記録に残してお金の管理をしている人。無駄遣いはしない堅実な人に多い。

こう見れば短所には見えないんじゃないかな?



じゃあ次は、

短気

これを長所に変えてみよう。

「短気は損気」って言葉もあるくらい、代表的な短所だね。まず短気のことを長所だと考える人はいない。



これは言い換えると、

感情表現が豊かな人

になる。

喜んでいるとき、悲しいとき、怒ったとき、楽しいとき、感情表現が豊かな人はすぐに態度に出るから分かりやすいよね。

楽しいことをしっかりと楽しいと感じられる人は魅力的だ、うん。



基本的に無表情で何を考えているか分からない人よりも、僕はこっちの方が好きだなぁ(゚∀゚)



捉え方は自由だ



見方を変えると長所になる。

これは捉え方の問題とも言えるかもしれないね。

ネガティブに捉えるから“ケチ”になり、“短気”になる。これら短所は自分や他人を苦しめる元になることもある。

でもポジティブに捉えたらどうかな?

お金を大切に使う人も、感情表現が豊かな人も、

自分や他人を幸せにすることができるぞ!!



ちなみに長所の見つけ方は、紙に書けばより分かりやすく確実に取り組めるよ。時間があればこの記事も参考にしてね。

「俺はダメなやつだー」そう塞ぎこむまえに自信のないところを書き出してみては?欠点がひっくり返って自信につながる方法とは。




最後まで読んでくれてありがとう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする