日本とアメリカの年齢に対する意識の違いについて

はぁ・・・。また歳とった。



日本人が年齢を気にし過ぎるって話は、よく聞く話なんじゃないかな。

まず名前、それから性別、そして年齢……といった感じで、先に年齢ありきで話が進むことも多いんだよね。

実際に就活では、年齢を限定した募集をしている企業はいっぱいある。

性別を限定することは禁じられているんだけどね。


年齢を気にしないアメリカ人の年齢に対する意識の違いを見ていこうと思う。

※ネット上の情報と、アメリカに住んだ経験のある友人の意見をもとに書いているよ。



アメリカ人の年齢に関する感覚



去年、日本人男友達の結婚式行ったとき不思議だったのが奥さん長袖のダサイドレスだった。もっと明るくて可愛いきれいなドレス着て欲しかった。歳が40過ぎてたからって言ってた。すべて年齢で決めるんだね。もっと自分ってものに自信持ったほうがいい。

引用:info-fresh.com



たしかに日本人なら、この奥さんの意見に共感する人は多い。

30歳を過ぎて金髪にしようもんなら

おいおい、いい歳してそれはないだろ

と怒られ、


40過ぎた人が谷間を強調すれば

いい歳してみっともないよね

とバカにされる。




“年齢に対して相応しい振る舞い”

つまりは年齢に相応であることを求められ、それが常識になっているんだよね。

だから何かしようとしても、『その歳で?』とか『いい歳こいて何やってるの?』とか『もう30超えてんだよ?』とか年齢を理由に避難される。




実際にアメリカでは、同じ職場で働く人たちの年齢を知らないなんて、非常に良くあることだと聞く。

日本みたいにウラでヒソヒソと『あの人おいくつなの?』とか『あの人○○歳なんだって、結構いってんのね』とか言うことも少ない。

それだけ見ていても、

アメリカ人にとって年齢はただの年齢でしかない。

ことと、

日本人にとって年齢はその人を判断する重要な基準である。

これが如実に表れているんだよね。



そしてもう一つ、

アメリカでは履歴書に年齢を書くことが無い。

日本じゃ考えられないよね(笑)

履歴書には絶対に年齢を書く欄があるし、そのうえ就活で面接をしたときも大体は年齢を聞かれる。

もしも年齢を答えられなかったらor答えたくなかったら

こいつ大丈夫か?

こう不審に思われるだろうね。

だけどアメリカはちょっと違う。


アメリカではあらゆる差別(性差別、人種差別等)と同様に、年齢差別も禁止にされているんだ。

だから就活で年齢に対して深く掘り下げられることも無いし、年齢を理由に不利な判断を下されることも基本的にない。

アメリカでは1967年に法制化された雇用における年齢差別禁止法 (ADEA) によって、40歳以上に対する年齢差別が厳しく規制されている。面接において年齢をきくことは違法とされる可能性があるため、履歴書への生年月日や年齢の記載も、顔写真添付も不要であることが多い

引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



まとめ



日本で年齢に悩んでいるみんな、


アメリカ行こうぜ!!


と、言いたいところだが、そう簡単には行かないよね(笑)

でも、アメリカの年齢に対する意識から、僕ら日本人が学べるところはいっぱいあったような気がするヽ(^o^)丿

その人の魅力は年齢に左右されるものじゃない

そう、僕は学んだような気がするよ。




それでも歳をとることが気になる人へ、

以下の記事で歳をとる素晴らしさを解説しているよ(゚∀゚)

30からはおじさんだとか、若くないだとか、クソ真面目に誰かの言いつけを守んなくていい。歳とるって凄い幸せだからさ、先入観から抜けだしましょうや。


最後まで読んでくれてありがとう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする