1対1なら平気なのに、グループになると途端に喋れなくなる人あるある

猫背



いやぁ僕、人見知りなんですよぉ~

こう、自分のことを言う人はかなり多い。

だけど、人見知りにも色んな種類があって、シチュエーションの得意不得意は人それぞれなんだと思う。

今回はその中でも、


1対1なら平気だけど、グループになるとマジで喋れない


そんな人にスポットを当てて、あるあるを紹介していこうと思う。

以下、そんな人たちのことを“対集団人見知り”と呼ぶことにする。




新しい環境が怖い



新学期?


転職?


引っ越し?


ちょっと待って、マジで怖いんだけど……。

新しい環境にワクワクするなんて、とんでもない。

新しい環境に行くと、決まって対集団人見知りは苦労をする。


学校なんかは特に、コミュニケーション能力に長けた人たちがグループを早々に形成することになる。そして続々と仲間が集っていくんだ。

そして時間の流れは早い。

1日、2日、3日と、急ピッチで至るところに仲良しグループがポンポンと作られていくんだ。


そして対集団人見知りは決まって取り残される……。


『こっちおいでよ』

優しい人はそう声を掛けてくれる。

だが、もう無理なんだ。

決して声を掛けられたくないワケじゃない。その優しさが嬉しくないワケじゃない。正直ありがたいよ。ただ……


グループに入っていくことが苦痛で仕方ないんだ。


祭りやイベントが嫌い



ワイワイするイベントが苦手だ。

それでも行かなければならないときは行くよ。さすがに人付き合いだからワガママばかりは言ってられないもんね。

何事もなく終われ!

そう祈るんだが……





はい来ました、友達の友達!





いっちばん苦手なシチュエーションだわww





もう帰って、いい?ww





こんなことが時どきある。

お願いだから、そっとしといて……。


聞き役に徹する



集団での会話にどう加われば良いのか分からない。

どうやって会話を知り出して、どうやって会話の内容に突っ込んで、どうやって笑えばいいのか、グループでの空気の読み方が分からない……。

そして会話に入るタイミングを逃す。

適当に相づちを打つ


あれ……これ自分いらなくね?




そう気づいた時から猛烈に気まずくなる……


群れるくらいなら一人を選ぶ



大して喋れないし

いるだけで気まずいし

立ち振る舞いとかマジで分かんないし


一人のほうがマシじゃね?

って気が付く


結婚式が苦手



結婚式は結婚式でも、種類があって。

こっちがホームならなんとかいける。

地元の友達の結婚式とかで、周りは知り合いだらけなら結婚式もまだ楽しく参加できるんだ。ただ、逆のときは大問題。

こっちがアウェイのときだ。

地元も高校も違う友達。そういった友達の結婚式に参加すると……会場が知らない人で埋め尽くされているんだ。


そしてこの人たちは、学校や地元も友達なんでしょう

大多数の人たちがグループを作って固まっているではありませんか


もちろん、新郎or新婦は主役だから、頼るわけにもいかない。

そして始まるゲームの時間。

やめてくれ……一人きりなのにゲームに参加させるのはやめてくれ……。あぁ顔からゲロが飛び出すほど気まずいんだ……。




純粋に祝ってあげられない自分にも嫌気がさす


顔と名前が一致する、くらいの関係性が一番困る



あれ?

この人会ったことあるっぽい……


このシチュエーションがとにかく苦手。

この微妙な関係性が、気まずさに拍車をかける。

『会ったことあるよね?』

このひと言が出ない。相手も自分のことを分かっているのだろうか、自分だけじゃないだろうか、こう探っている時間が苦痛なんだ。

相手から声を掛けてくれたら、ラッキーってなる。

打ち解けないまま終了したことも多数あり。


まとめ



対集団人見知りは、グループ内でのコミュニケーションがとにかく苦手なんだ。そのぶん、1対1なら問題ないという人は多い。

目の前の人と話せばいいだけだから、やることが明確なんだよね。

さて、簡単にまとめるよ。

  • 学校、職場などの新しい環境が怖い
  • 祭りやイベントが苦手。そこで会う、友達の友達はもっと苦手
  • グループ内では終始聞き役に徹する。
  • 群れるくらいなら一人を選んだほうがラク
  • アウェイな結婚式が苦手
  • 顔と名前が一致するくらいの関係性の人と、どう接したらいいのかが分からない



人見知りの対策方法が判明したからシェアするよ!

時間があったら読んでみてね。

人見知りは考え方ひとつで改善できそうなんですね。まずは原因から突き止めて、対策をしていきましょう。


最後まで読んでくれてありがとう(*^▽^*)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする