話しかけにくい人の特徴をまとめてみた

私語禁止のマーク



とりあえず今回は、

話しかけられたいのに、声が掛からない。

そんな人に向けて書いていくよ。

  • 知らない人と2人きりになっても話しかけられない。
  • 友達と歩いても話しかけられるのは友達のほう。
  • 道とか聞かれたことが1回もない。

そんな逆人見知りの人は、重大な原因があるかもしれない。


今回は、そんな話しかけにくい人の特徴をまとめてみた。

最後まで読んでみてね(*^▽^*)





とにかく仏頂面である



話しかけにくい人に多いのがコレ。

顔が怖いんだ、とにかく怖い。

怖い顔の人



顔っていっても元の顔のことを言っているワケでは無い。表情がすごく怖いんだよ、暗いんだよ、人を寄せ付けないんだよ。

もしも渋谷の街中で道に迷ったとして、どういう人に声を掛けるだろうか。おそらく、道案内ひとつでも声を掛ける人を選ぶんじゃないかな。

笑顔の人と仏頂面の人、言うまでもなく勝つのは笑顔の人だ。


怖い人にビビる人


うん、声かける人失敗したな……


めちゃくちゃ忙しそう



「忙しそうに歩く人には声を掛けるな」

前にナンパ師の記事かなんかに書いてあった言葉だ。どうやら、忙しそうに歩いている人に声を掛けても、成功することはほとんど無いらしい。

でも、そうだよね。忙しいから声かけてくんなって感じだよね。

急いでいる人




だから、いつもせっかちに早歩きしている人は、周りから「忙しそうだ」と思われてチャンスを逃している可能性が高い。

ゆっくり歩いて声を掛けるチャンスを与えるといいかも(*^▽^*)


スマホばっかり



もしも自分が話しかける立場だったとして、

・スマホに夢中な人

・顔を上げて何もしていない人

どちらの方が声を掛けやすいだろうか。

僕は後者だ(゚∀゚)


他にも本を読んでたり、手帳を開いて何か書いていたり、そんな人にはやっぱりちょっと話しかけにくいんだよな。

スマホって、それが全部できちゃうじゃん。

だからスマホに夢中な人って、何に集中しているのか分からないんだよ。

結論、


声を掛けない。


って選択肢になる。


イヤホン



これは論外。

いや、話しかけても絶対聞こえないし、自分の世界に入ってるのに邪魔したら悪いもんね。


前にローカル線でひとり旅をしていたんだけど、誰にでも話しかける気さくなおじさんがいたんだよ。「どこから来たの~?」ってね。

そのおじさん、ひとりの若者に近づいていったんだ。

おや、話しかけるのかな?って思ってた。でも、おじさんは途中でクルッと回転してこっちに戻ってきたんだ。

若者、両耳にイヤホンをしていたんだよね。


ヤバそうな雰囲気がでてる



いくら笑顔でも

いくら忙しくなくても

いくら両耳が空いていても

ヤバそうな人には声を掛けられない

たとえ何もヤバくなくても、たとえ素は優しい安全な人でも、外から見て怪しさや嫌悪感を抱いたのなら声は掛けられないよね。




たとえば姿勢が悪い人

猫背



たとえばメッチャ不健康そうな人

クマ



たとえば鼻毛が出まくってる人

鼻毛が出てる鼻



鼻毛や猫背はあくまでひとつの例だからね。

人によって嫌悪感を抱くポイントはそれぞれだ。それでも、身だしなみはある程度しっかりしていないと、人に嫌がられる原因になってしまうよ。




まとめ



話しかけにくい人の特徴を羅列しよう。

  • 仏頂面をしている
  • 忙しそうにしている
  • スマホに夢中
  • イヤホンをしている
  • ヤバそうな雰囲気がする


基本的に話しかけられやすい人は、顔に「どうぞ話しかけてください」って書いてあるような気がする。

だから怖気付くこともなく、自然と声を掛けやすいんだよね。



話しかけにくい人の特徴はここまで、時間があったら“話しかけられやすい人の特徴”も読んでみてね(゚∀゚)

話しかけやすい人と話しかけにくい人、両者にはきちんとした理由がある。話しかけられたい人はマネをしてみよう。

最後まで読んでくれてありがとう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする