「あー毎日つまんねー」とか言ってんだったら一旦スマホを置こう

スマホ



・朝起きたらとりあえずスマホの画面を確認する

・何気なくスマホの画面をつけたけど何がしたいのか分からない

こんなことが日常的に起こっている人は、スマホ依存の可能性が高い。休日は1日中の時間をスマホに費やす、通信制限を過剰に恐れる、外出先にも充電器を持っていく、このようにスマホ依存には様々な症状が表れる。

今回はそんなスマホに溺れ、スマホに支配され、スマホのためにただただ時間を消費している人へ、そんな生活を変えたいという人へ、スマホ依存の具体的な例と対策を紹介していく。



スマホ依存とは何か

スマホ



平たく言えば、スマホに依存しているということだよね。一般的なものになったスマホ依存については、しっかりと辞書ににも載っていたよ。

スマホ依存とは、スマートフォンに依存すること、ならびに、その依存傾向を指す語である。生活に支障を来すような過度のスマートフォン利用、といった意味合いで用いられることが多い。
引用:Weblio辞書


生活に支障ってどの程度からなんだろうね。やっぱり具体例から見ていったほうが分かりやすいかもね。



スマホ依存の具体例

ながらスマホ



さて、余計はお話は入れずにバシバシ具体例を紹介していくよ。日ごろ自分がしていることと照らし合わせて見ていってね(*^▽^*)



スマホを忘れたら1日が過ごせない



たとえ仕事に遅刻しようが関係ない。とにかくスマホが大事なんだ、スマホが無いと1日を乗り切れないんだ。だから「スマホを忘れた」そんな日は、決まって家に取りに帰る。

まぁ、そもそも依存している人は、ほかの何かを忘れてもスマホだけは忘れないところがあるけどね。



誰かといても何をしててもスマホ



せっかく一生懸命に話をしているのに、スマホの画面を見ながら適当に相槌を打たれて嫌な感じ……。いざ質問をしてみたら……

ホラ答えられない。

怒る人


そんなことって無いかな?スマホに依存している人は友達といようが何かしていようが、片手と顔さえ空いていればスマホに走る傾向があるんだ。ボーリング、カラオケ、トランプ、これらの遊びをしているときだって、自分の順番が来るまではスマホの時間なんだ。



誰かといるより何かをするよりスマホ



誰にも会いたくないし何もしたくない。

あれっ?

もう夜なの?



スマホをいじってたら夜になっちゃった( ;∀;)

寝不足





スマホで1日が始まり、スマホで1日が終わる



朝目覚めたらスマホを確認。夜寝る前にもスマホを確認。そのほかにも、始業前にスマホの確認、終業後にスマホの確認。まるで任務のひとつかのように、

「あっ……スマホを見ないと」

と駆り立てられるようにしてスマホの画面をつけるんだ。



とりあえず、スマホ



とりあえずスマホを出したんだけど、何がしたかったのか分からない。そのことに気が付きスマホをしまおうとするんだけど、なぜだかしまうことができずに、とりあえずネットを開いてみる。

やっぱりすることはない。



ネットの人間関係のほうが楽だ



そのまんま。いつしかネットが交友関係の中心に。



電池切れを過剰に恐れる



外出するときにスマホとバッテリーは1セット。だって電池が切れたら困るし何より充電器があれば安心できるし、むしろ充電器がなかったら不安でいっぱいになるし……。ま、忘れたときはコンビニに行って買えばいいよね。

電池が無くなるよりはマシだよね~。



通知が来たと錯覚する



あれ……?スマホが鳴ってるぞ。ヨイショ―




「なんだ、気のせいか」




こんなことが多くなる。



運転中でも片手にスマホ



運転中にスマホを操作して事故を起こす事例はたくさんある。

運転中にアプリ「ポケモンGO」で遊んでいたために、85歳の女性がはねられて死亡する事故が起きた。ただの事故じゃないぞ、運転者は過失運転致死で検挙されている。

https://www.sankei.com/west/news/180416/wst1804160008-n1.html

右手に飲み物、左手にスマホ、両耳にイヤホンというスタイルで自転車を運転した結果、77歳の女性に衝突して死亡させた事故が起きた。事故を起こした女子大生には、禁錮2年執行猶予4年の判決が言い渡された。

https://www.asahi.com/articles/ASL8V532RL8VULOB00C.html


危険だ!

運転中のスマホは絶対にやめるんだ。





スマホ依存にならないためには?必要な対策

スマホに溺れている人のイラスト



さぁスマホ依存の具体例はどうだったかな?

思っていたよりも日常でよく見かける光景じゃなかったか?これがもしスマホでない他の何かだったとしたら、それはもう衝撃的だな。これだけスマホ中心に生活していたら、そりゃあ退屈になるのも無理はないように感じるねぇ。




もしも自覚があって危機感を感じているのだとしたら、少しずつ行動を変えてみようか。あ……ほんとに少しずつでいいと思うから。

山登りみたいに、小さい山から徐々に登っていけばじきに慣れてくるからね。



スマホを物理的に遠ざける



なるほどね、距離を置くってか……了解っした!

なんて意識だけ変えようとしても、おそらく失敗するだろうね。なんせスマホに依存している状態だもんね。それでいて捨てられるものではない、生活必需品だから尚更だ(;´∀`)

こればっかりは意識の問題でどうにかなるもんではないね。



スマホは引き出しにしまっちゃう



家に帰ってきたらまず、スマホをテーブルの上に置いている人へ、スマホは引き出しの中にしまっちゃおうか。財布だったりキーケースだったりアクセサリーだったり、色々あるでしょう?しまうものって。

それらと一緒に手の届かないところにしまっちゃうという方法だ。



目覚まし時計を使う



スマホでアラームを使っている人~(^o^)丿

目覚まし時計を用意しようか。



寝る前のスマホも起きた後のスマホも、スマホを枕元に置く環境があるから止められないんだ。寝る時くらいはスマホから離れてもいいんじゃない?




スマホじゃなくて音楽プレイヤーを使う



目覚ましだったり音楽だったり……もうスマホ便利すぎだろ……。

もしも音楽プレイヤーを持っているんだったら、スマホの代わりに音楽プレイヤーを使って音楽を聴こう(*^▽^*)スマホをいじる機会を少しでも減らすんだ。ちなみに僕は以前、イヤホンが折れて穴から取り出せなくなったことがある。



スピーカーでしか電話ができなくなったぞ(*^▽^*)



スケジュール管理は手帳で行う



LOFTや東急ハンズに行けば、まぁ~いろんな種類の手帳が売ってるね。実際のところスケジュール管理なんかは、やっぱり手書きで書いた方が頭の中には残るんだよね。たしかにスマホの方がお知らせしてくれるから便利なんだけど。



スマホをいじる目的を減らす

カレンダー



そもそもなぜスマホをいじるのかってことを考えていこう。誰かと常に繋がっていたいのか、アプリで高得点を出したいのか、芸能人の近況が気になるのか、色んな理由があるんだろうけど。

自分はスマホの何に捉われているのかを振り返ってみよう。



最も使用頻度の高いアプリをスマホから削除してみる



前言撤回。

僕にとって一番大切なのはSNS関係なんだけど、さすがに削除するのは無理だわ。友達と連絡を取る手段がなくなってしまう……(;´∀`)



本当に必要なのか必要でないのか、よーく自分と向き合って使用頻度の高いアプリを削除してみよう。ちなみにSNS関係を諦めた僕は、糸を針にただひたすら通していくというシュールなアプリを削除したよ(;´∀`)

毎日の夜にはかかさず遊んでいたアプリだったから、ものすごいウズウズしたよ。でも最初の方だけだったね。



ネット環境を制限する



5GBだとか8GBだとか、月々の通信量の制限はスマホユーザーにとって非常に大切な問題だよね。僕は月々の料金を抑えるという目的も含め、料金プランを見直して通信量を少なく設定したんだ。

2GBにね。

絶望している人のイラスト


あんね、正直キツかった。でもスマホを触る時間は減ったわ、確実に。



まとめ

スマホを片手に喜ぶ人



スマホ依存と対策について、かんたんにまとめてみるね。

  • 日常生活に支障が生じていれば、スマホ依存の可能性がある。
  • スマホを物理的に遠ざけて使用頻度を減らす。
  • スマホで行っていることを他のもので代用する。(目覚まし時計、音楽プレイヤーなど)
  • 通信量を減らすなどして、インターネットの利用を制限する。


スマホ依存の厄介なところは生活必需品だということだ。いくら断ちたくとも必要なものである以上、常に触ることができる環境に置かれているワケ。アラームなどの代用ができるものは代用をして、スマホに触れる機会を少しずつ減らしていこう。

最後まで読んでくれてありがとう(*^▽^*)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする