人と比較することは別に良いことでしょう?悩む人へ対処法を書く。劣等感は自分を変えるチャンスだ

3人の悪ガキ



「アイツ結婚してもう子どももいるらしいよ」
「アイツいたじゃん?いつの間にか起業したらしいよ」
「すごいよな、アイツ。月40万は稼いでるらしいぜ」

月日が経つにつれて耳に入る同年代の知らせ。
それに比べて自分はダメだなぁ……

なんて人と自分を比較しては落ち込むことが多い人へ。



人と比較することは無意味だ。今すぐやめろ。



なんてことは言わないよ
比較しちゃうよ、だって人間だもの(+_+)



人と比較するのは悪いこと?

いやらしい笑いをする女



人と自分を比較することで悩む人が多いみたいだね。
だから対処法や解決策を探す人がいるんだけども、案の定そんな人々に向けて発信された情報はたくさん転がっている。



他人の魅力にあれこれ振り回されるよりも自分にしかない個性、ユニークさ、魅力を徹底分析して、それを開花させてみましょう。それができるのは他の誰でもないあなた自身しかいません!

引用:Googirl





比べる事をやめるととても楽になります。他人の幸せを喜べないのは自分が誰かと自分を比べてしまっているからといってよいでしょう。

引用:テトラエトラ



自分は自分、人は人なんだね。

自分という存在がいながらも人と比較してしまうなんて、
「やめたほうがいい」クセなのかもしれない。







うむ、やはり人と比較することは悪いことみたいだ。



ただ、そんな自分を変えようと思ってスグに変えられるのならば、苦労もしなくて済むんだけれど。

実際なかなかそうはいかないんだよね。



なぜかって、
自分の中に根付いた考え方や性格を変えて習慣化するには、概ね6か月ほどの時間を要するからだ。



だから今回は、

逆に“人と比較してもイイ”という考え方をしてみたよ。



そしたら、意外とメリットが多いことに気が付いた。
ということで、“人と比較してもイイ”考え方を話していこう。



習慣化する方法やその期間については、こっちの記事を読んでみてね。

失敗しまくった僕の習慣化マニュアル。失敗したくない人はぜひ失敗する方法を見て参考にしてね。習慣化のコツは意外と簡単だった。




劣等感って悪いことなの?

怒っている男



人と比べた先にどんな感情が待っているんだろう。

「アイツと比べて俺なんかまだまだだ……」
「同年代のヤツに比べてこんなに年収低いんだ……」

まぁ、コンプレックスっていうのか、劣等感を感じちゃうときが多いんじゃないかな。わざとやっているワケじゃないんだろうけど。



だから「劣等感」に焦点を当てて考えたい。
人と比較した先に感じる「劣等感」、これがそもそも悪いものじゃなかったとしたら、人と比較することの印象はどう変わるのかな。


自分が他人より劣っているという感情。

引用:コトバンク

じゃじゃーん。



思ってたよりもシンプルなんだね、劣等感って。

自分が他人より劣っているという感情

これさぁ……普通じゃね?

っていうよりも……




優越感よりよっぽど良くね?



むしろ自分のこと分かってんじゃんよ。
生き方なんて人それぞれだけどさ、スポーツだって仕事の成績だって慢心してたら、悔しさをバネにして頑張ろうなんてしないでしょう。

ま、何もしなければ嫌な感情のままなんだろうけど。



劣等感は使い手によって変化する



劣等感という言葉の意味が、あまりに単純で拍子抜けしちゃった。
だから、ちょこっと調べてみたんだけどさ。

あの超有名な心理学者アドラーが劣等感について説いていた内容を、分かりやすく解説している記事を見つけたよ。



アルフレッド・アドラーは「人間であるということは、劣等感を持つということである」と言いました。

引用: ITmedia エグゼクティブ



ほほう、人間はみんな

自分が他人より劣っているという感情

を持っているということなのか!
そしてこちらの記事はこう続く。


劣等感がない人はいない。使い方の問題だ、というわけです。

引用: ITmedia エグゼクティブ



つまりは、個々の捉え方ということだね。
ネガティブなイメージが付きまとうのは、それだけ間違った使い方をしている人が多くいるからなのかな?


勇気がある人は、劣等感をプラスに用います。劣等感を「なにくそ」とバネにして、偉大な業績を成し遂げるのです。

引用: ITmedia エグゼクティブ



劣等感……やったよ、やったよ……!

キミはなにも悪くなかったんだ。
キミを使う人たちが悪かったんだ。

劣等感、それは人間ならば共通して持っている感情である。
そして、それをプラスに使うのか使わないのかはその人次第であって、一概に良し悪しを言えたものではない。


結論……

劣等感は悪くない!



まとめ

耳をすまして何かを聞く男



道に迷いながら戻ってきたが、

“人と比較すること”

このことへの対処法をまとめよう。



性格や考え方を変えるのは正直しんどい(+_+)なんて思うのなら、人と比較しちゃう性格を利用してしまうのはどうだろう?

人と比較した先に感じた劣等感は、自分を今よりもイイ舞台に連れてってくれるぞ👍

拗ねるんじゃなくってバネにするんだ。



結局はアクションを起こすのは自分でしかないからね。
以上、人と比較してもイイという考え方をぐだぐだ書いてみた。

最後まで読んでくれてありがとう(*^▽^*)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする