歳をとりたくないという悩みに対しては「今が1番マシ」という答えが的確。ではないだろうか

無気力なおじいさんのイラスト



たとえば25歳から26歳になったとき

「もう20代後半じゃねぇかよ~」

なんて嘆くことはしないだろうか。


28、29歳になって

「うわぁ、30目前じゃねぇかよ……」

なんて落胆することはないだろうか。


特にアラサーと呼ばれる人たちは、歳を重ねることに対して過敏に反応をする。だから人から見たら大したことのない悩みに見えるが、本人にとって加齢は大大大大問題なんだ。


Twitterにはどんなにスクロールしても底にたどり着けないくらいの、“歳をとりたくない”という叫びが並んでいた。

うん、切実だよね。分かるわ。

年齢って自分でどうしようもできないから、ただ年老いていくのがつらいんだ。

ま、ということで。ちっぽけに見えて深刻なこの悩みに、対抗するための考え方をちょこっと書いていくよ。サクサク~っと行くからね!



ちなみにアラサー、つまり30歳前後がそもそも世間でどう見られているのか。そこの疑問に対しては以下の記事で解説してるよ。

30歳はオッサンなのだろうか?世間のイメージを調査したからコレを良い機会に自分がオッサンなのか知ろう。


こっちも時間があったらぜひ読んでくれい(*^▽^*)


なんで「今が1番マシなの?」



歳をとりたくない


歳をとりたくない……


歳をとりたくない!!


なんて呪文でも言ってるかのように、加齢への恐怖は日々いたるところで聞かれる。たしかに加齢は怖い。どうしようもできないしね。

ただし年齢……すなわち若さに執着する生き方を選ぶんだったら、日々歳をとることに嘆くのは間違っているんじゃないか?

むしろ、


いまは喜ぶところじゃないか?


バンザイしている男性のイラスト



年齢に執着するのならね。


これから生きていく中で、時の巻き戻しは当然ながら無く、ただただ時間が経って歳をとっていくだけだよね?

ってことは今この時間がこれからの人生の中で、

1番若くて、1番体力があって、1番この先が長い時間なんだ。

それなのに……


「歳をとりたくない歳をとりたくない……ブツブツ」




せっかく今が人生の中で、1番若くて楽しい時間なのに、なんてもったいないことをしているんだ(ノД`)・゜・。

今後僕らは年老いていくだけだ。ほっといても年齢は勝手に重なっていくんだ。

だから、今。今のこの時間が。


人生の中で1番若いんだよ!


ゴールデンタイムなんだよ!


気がつけばいつも今を振り返っている



年齢に執着する人に多い傾向が、

「あの頃(年齢)はよかったなぁ……」

と、残念そうに過去を振り返ること。



20代の後半になれば、「20代の前半は良かったなぁ、楽しかったなぁ」「若かったよな~」なんて言いだして。

30代に突入すれば20代そのものが良くなってきて「うひょーあの時27歳かぁ、戻りたいなぁ……」なんて言いはじめる。

30代の後半になれば、30代でも前半ならまだ良かったなぁと……。

ふぅ


もうやめておこう。

まぁ、つまりさ何が言いたいかって、


今が1番マシなんじゃん


くよくよしてどうすんのさ(^O^)/

ウキウキしなくちゃダメよ。どうせ数年後には「あのころは良かった」なんて言いながら振り返ってるんだからさ。


と、思ってたら面白いツイートを見つけた








さぁ、ウジウジしてないで今を楽しむ方法でも考えよう。

年齢に執着してる人は悩んだ分だけ損をするかもしれないね(;´∀`)


まとめ



伝えたかったことはこの2つ。


  • 残された人生の中で今この時間が1番若いんだ
  • 何年か経てば嘆いてる“今”も戻りたい対象になってるかもしれないよ



てっとり早く言うと今を生きろよってことだね。

そしたら死ぬまで今を生きられるんだ。

あぁなんてハッピーなんだ(*^▽^*)


歳をとることに安心したい人は以下の記事を読んでみてね。各年代の良いところをまとめたよ♪

30からはおじさんだとか、若くないだとか、クソ真面目に誰かの言いつけを守んなくていい。歳とるって凄い幸せだからさ、先入観から抜けだしましょうや。



最後まで読んでくれてありがとう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする