「もういい歳だ」とか言うのストップ。色んな世界の最遅デビューをまとめよう。

寝っ転がってるおじさんのイラスト



日常のあらゆる場面で、大小かかわらずよく聞かれる言葉。

「もういい歳だから」


派手目なファッションを薦められ、スポーツをはじめようと誘われて、新しい仕事に挑戦するか考えて……などなど。

何か新しいことを始めるたびに壁となる言葉、それが

「もういい歳だから」


80を超えたおじいちゃんも、還暦を迎えたおばちゃんも、人生の折り返し地点に立ったおじさんも、中には30代やら20代も……。

もはや全世代共通と言っていいほどの“いい歳だから問題”。

はたして、こんなにも幅広い年代で口にされている「もういい歳だから」に意味なんてあるのだろうか。

そして“いい歳”なんて存在しているのだろうか。


せっかくだから、この記事を読んでくれている皆さんも一緒に、いったん「もういい歳だから」をストップしてみよう?

挑戦は年齢によって限りがあるのか、世で活躍する人たちの最遅デビューを見ていこう。


様々な最遅デビューを飾った人たち



よく最年長とか最高齢とかは耳にするよね。

サッカーでいうところのカズだね、52歳で現役のサッカー選手だなんてスゴイ……あと8年で還暦だぜ?

こういった最年長の人たちは、若いときから一線で活躍し続けている場合がほとんどだよね。つまり継続している中での最年長だ。


これから紹介するのは、最年長は最年長でも、デビュー時の年齢がもっとも高かった人たちのことだ。

さて一体どんな世界でどれだけの高齢で物事に挑戦しているのか、「もういい歳だから」と言うのはやめて見ていこう。


学士取得



いきなりパンチが効いているが、ギネスにも認定されている世界最高齢での学士取得(大学卒業)は96歳の日本人なんだ。

京都造形芸術大(京都市)を今春卒業した高松市の平田繁実さん(96)が最高齢の学士号取得者としてギネス世界記録に認定された。

引用:毎日新聞


平田さんは陶芸の勉強がしたいと、85歳から11年間もの間大学で学び、96歳で卒業するまでになったという。

そしてまた驚きなのは、「大学院に行くのも面白いかもしれない」と語っていることだ。100歳が近くても平田さんの挑戦は続くんだ、すげぇ……


作家デビュー



久木綾子さんって知っているかな?

『見残しの塔ー周防国五重塔縁起』で作家デビューを果たした新進作家だ。

久木綾子さんがこの作品で作家デビューをしたのは89歳。そして構想、執筆に18年かかっているのだから驚きなんだ。

自分に置き換えて考えてみたが……。70歳を過ぎてから20年近くもかかる何かを作りはじめるなんて、そんな覚悟はきっとできないと思う。


久木さんはもの凄いストイックな方で、実際に見たものしか書かないという取材主義。そのため大工の理解を深めるために弟子にもなったのだとか。

挑戦心だけじゃない、徹底した取り組みや努力の成果なんだね。


エベレスト登頂



誰もが知っている世界最高峰のエベレスト。

エベレストの登頂はまったく簡単なものでは無く、多くの挑戦者が夢半ばで倒れ命を落としているんだ。

そんなエベレストの登頂に、70歳という年齢で(当時のギネス記録)達成した日本人がいる。


それは登山家、スキー選手の三浦雄一郎さんだ。

三浦さんは70歳でエベレスト登頂に成功した後も挑戦を続けており、75歳で再登頂、また80歳でも登頂に成功している。

きっとエベレストよりも高い山があったら、挑戦して成功していたんだろうなぁ。


一体いつがいい歳なのか……



いい歳ってなんだ?

96歳で大学を卒業したり89歳で作家デビューを果たしたり……そんな方たちを見ていると「もういい歳だから」がとてもバカらしく見えてくる。

繰り返し思うが、いい歳ってなんなんだ。


ちなみに先日、興味深い記事を見つけたよ。

「高齢者の起業の成功率は70%」シニア起業家の言葉に秘められた可能性

https://www.mag2.com/p/news/342605

なんとアメリカでは高齢者の起業の成功率が70%を超えているらしいんだ。10人のうち7人が成功しているって考えると凄まじい……。

労働力に必要なことは、働く意欲(あるいは意思)と健全な頭脳、そして体力の3つの要素があるでしょう。日本の場合、多くの人が、健全な頭脳と体力を持ちながら、意欲と意識の部分で「高齢者」となっている人が多いのではないでしょうか。

引用:MAG2NEWS



たしかに日本人の多くは、意識の部分で高齢者になっているのかもね。実際に高齢者ではない人までもが、綺麗に足並みを揃えて。

「もういい歳だから……」

こんな言葉、意識が若かったらまず出てこないでしょう。


“いい歳”からが本番なのでは?(まとめ)



「もういい歳だから……」

と、言いはじめる年齢は人によってそれぞれだ。

60歳から言いはじめる人がいれば50歳から言いはじめる人もいる。40歳から言いはじめる人もいれば30歳から言いはじめる人もいる。

周りで“いい歳だ”と嘆いている人を思い返してほしい。おじいちゃんやおばあちゃんよりも、意外と若い人のほうが言っているんだよね。


つまりね、なにが言いたいかって、

“いい歳”になってからの人生って長いんだよ。

40歳になって「いい歳だから」を理由に挑戦を諦めた人は、向こう40年間を挑戦しない人生を送ることになる。

30歳になって「いい歳だから」を理由に挑戦を諦めた人は、向こう50年間を挑戦しない人生を送ることになる。

何度も言う。

“いい歳”からの人生って長いんだ。


20代なんて人生のまだ2~3割だ、挑戦しろって言われるのは分かる。

でも30代だってまだ人生の半分にも満たないんだし、40代だってやっとの思いで折り返し地点に立ったばっかりだ。

フルマラソンでいうと20kmくらいでしょう?

ここですべての挑戦を諦めてどうするんですか、って話よ。


“いい歳”としての人生をどう生きるか、今までよりも長いこれからをどう過ごしていくか、諦めないで考えたほうが楽しいんじゃないかな?

最後まで読んでくれてありがとう(*^▽^*)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする